金柑はニガテ^^;

私は大のフルーツ好き。元々よく食べてた方なのですが、一昨年暮れに断酒して以来ますますよく食べるようになりました。

晩酌してたころはアルコール類が無くなりそうになるタイミングで買い物に出かけたのですが、今はフルーツが無くなりそうになるタイミングで買い物に出かけます^^ゞ

金柑ニガテで「きんかんなまなま」もニガテ^^;

そんなフルーツ(果物)好きの私ですが「金柑(きんかん)」はどうもニガテ^^;

フルーツの金柑が苦手で「きんかんなまなま」もニガテ・・・とは言っても石川県以外の人は「きんかんなまなまって何???」って、感じですよね。

コレ金沢弁で(能登ではほとんど聞かない)「雪道が凍ってつるつるになった状態」のこと。

いや~~~こんな路面は誰でもニガテでしょう。

コノ「きんかんなまな」という言葉の由来は金柑の皮は新鮮であればあるほど表面がつるつるしていることからと言われてるようです。

私は「きんかん」は「路面が凍結して『キンコンカン』な状態」で「なまなま」は光具合が生モノのように見えるから・・・と、思ってました。←この方が納得できるでしょ?・・・無理かな^^;;;;;;

金沢でも「きんかんなまなま」は以前ほど使われなくなったとのこと。

でもネ、昨日のNHKのローカル報道番組「かがのとイブニング」の冒頭でメインキャスターの山内泉アナが、スリップ転倒注意を促す際に「きんかんなまなま」を使ってました。

ローカルとはいえNHKの報道番組、それも冒頭の部分で方言を使うことはないので、突如出てきた金沢弁には思わずニンマリしましたよ。

山内泉アナは東京出身で2017年にNHKアナウンサーとなって金沢局に配属されたとのことだから「金沢人4年生」なので、突如出てきた金沢弁はなおさら興味深いです^^

そして関係ないけどコチラは「なまなま」ではなく「マナマナ」・・・

↑こういうノリって好きやな~^^

2021年2月19日の散歩

曇りで昨日までのような強風ではなく無風に近い状態。

雪は残ってるが路面は凍結してないので「きんかんなまな」ではないけど歩くのには注意が必要。

凍結はしてなくてもザクザクした感じ。

陸は無風でも海は荒れ気味。

このまま今日明日と穏やかな日になれば海も静かになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました